作ってみよう!

3Dプリンターやレーザー加工機の普及に伴い、デジタルファブリケーション(ものづくりのIT化)が加速しています。自由に造形するためには、CADソフトによるデータ作成が必要になり、現在では様々な種類のCADが販売されています。
「作ってみよう!」は、日本で初めてとなる3次元の頭を作る教育ソフトウェアです。使用することにより「3Dスキルの基本概念」が自然と身につき、3Dプリンタを活用して自分のアイデアを形にすることが出来ます。
作ってみよう!
未来のものづくりに必須
「作ってみよう!」は、最新技術の体験とモデリングの認知能力の習得にぴったりです。
レーザー加工機に対応
3Dプリンターだけでなく、レーザー加工機にも連動します。
特別支援学級で大活躍!
技術面だけではなく、生徒の自己表現ツールとしても最適です。

特徴

見やすくわかりやすい作成画面

操作方法はとてもシンプル。そのため、児童・生徒がどんな形を作りたいのか、という部分にじっくり時間を使うことができます。
パソコン操作に慣れていない生徒でも、豊富なサンプルを組み合わせるだけで、オリジナルの形を作れるので安心です。
見やすくわかりやすい作成画面

2つのモードで基礎が学べる

作画モード

座標の基礎から学べます

立体物を作るのには座標の概念が必要です。知識がゼロからでも、作画モードでじっくり学べます。
ドリル学習モード

児童・生徒の理解度に合わせてステップアップ

簡単な問題から難しい問題まで用意されています。採点をしてくれるから、間違った部分を振り返りながら進めていけます。

推奨動作環境(Windows版)

対応OS Windows8.1(32bit/64bit)、Windows10(32bit/64bit)
※Windows8.0には対応しません。
Internet Explorer IEバージョン11以上(最新パッチ推奨)
CPU Intel Core i3/i5/i7(2.6GHz)以上、AMD Phenom Ⅱ(2.6GHz)以上
搭載メモリ 4GB(8GB推奨)
HD空き容量 100MB以上
モニタ 解像度 1280×1024以上
マウス スクロール・ホイール付(または3ボタン)

価格

スタンドアロン版 オープン価格 価格のお問い合わせ